スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定サポじゃないリスナーの僕がJ放送を楽しむワケ 1

このテーマを語る上で、まずは僕がどのような経緯で今の状態になったかを説明しておきます。

僕は今、特定のクラブを応援することはありません。特定サポではないです。しかしながら、最初からそうだったわけではないです。

J開幕当初(93年)はサッカーに興味を持ち始めた頃で、カズ(三浦知良)がとにかく好きでヴェルディ川崎(以下、緑)を応援してました。今思えば、その頃はカズが好き、だからそのカズが所属する緑を応援という感じだったのかな。

98年にカズが退団しても、緑を応援していました。99年途中に京都にカズが加入しても京都ファンにはならなかったですね(カズ個人を応援はしていましたが)。

2000年、京都VS緑の試合で、カズがハットトリックして京都が勝った試合(3-2)がありました。その結果を聞いたとき素直に「負けたか‥」と肩を落としました。正直、カズが活躍しての負けなら素直に受け入れるかもとシーズン前は想像していましたが、違いました。もちろんカズの活躍を嬉しく思う気持ちはありましたが、あくまでも優先は緑の勝利だったんです。

だが、僕の中である変化が。それは日本サッカーがもっと強くなるためには、よくなるためにはどうすればいいのかということを考えることが多くなったんですね。きっかけはやはり98年フランスW杯だったかな。あーでもないこーでもないと考えていくうちに、緑の勝利優先な気持ちは薄れていきました。対戦相手のミスで、緑がピンチから逃れても喜ばずに、そのミスを残念がる気持ちが出てきていましたね。

04年シーズンの天皇杯を緑が優勝したとき、緑が優勝したから嬉しいというより、このタイトル獲得経験を糧に緑の若手がどんどん成長していけば、Jがさらに面白くなるという期待の方が大きかったです。05年にJ2降格となったときも、特別悲しいということは全くといっていいほどなかったです。主力がチームを離れてJ1他クラブに行くことも、高いレベル(J1)でのプレーを望むことは当然とすら思っていました。

そして、今の僕になったんですね。

では、次の記事で(未定ですが‥)、特定サポではない(なくなった)僕がJ放送をどう楽しんでいるかを説明したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

なるほどー。。

おかしょさんは 最初はヴェルディが好きだったんですね。

ヴェルディさん、今は凄い存続危機に陥っていますけど、昔はやはり ヴェルディ=カズ で誰もが憧れる存在だったんですかね~・・

自分も もっと早く生まれて、Jリーグブームに乗りたかったなぁ・・。と思っておりました。



ペルージャ時代の若いヒデを見てサッカーの魅力に取り付かれた、 僕も 最近は 若手に目を付けるようになりました。。
やはり、日が経つにつれて・・(06年W杯の惨敗以降・・)日本サッカーがもっと発展して欲しいと思う 気持ちも芽生えたかもしれません。。

ありがとう

コメントありがとうございます。

そうですね、僕の友達もみんなカズ好きでしたね。やっぱりそこからみんな入ってました。存続危機のニュースを聞いたとき、昔を思い出しましたねぇ。

特定サポじゃなくなった自分が言うのもなんですが、特定サポであることと、日本サッカーの発展を願うことは両立できるものだと信じています。ねすちゃんにその思いを強く持ち続けて欲しいなぁと思います。
プロフィール

おかしょーりゅう

Author:おかしょーりゅう
左 作 ボスこと姐さん
右 作 じゃがさん

(あくまで想像)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Jリーグ順位表
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。