スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

特定サポじゃないリスナーの僕がJ放送を楽しむワケ 2

特定サポじゃないリスナーの僕がJ放送を楽しワケ 1からの続き

特定サポじゃない僕がJ放送を楽しめる理由。まずはその放送してる生主さんやリスナーの皆さんが面白く優しいことは言うまでもないと思います。

そして、勉強になるところですね。前述の通り、僕は元サポです(まぁ、ほとんど緑の試合を見に行くことは出来なかったのでサポといえるかどうかはこの際置いといて)僕なりにサポの気持ちが分かるという思いを持って、それでも日本サッカー、Jリーグがよくなるにはどうすればいいかを考えてきたつもりでした。

だけど、甘かったかなというのが正直な感想です。

特に立場の違いを感じたのが秋春制導入是非や、日韓オールスターの件です。

秋冬制導入を検討してるという話を最初に聞いたとき、僕は真っ先にそれを支持しました。すぐにいろんな問題が頭の中に浮かんできても、できれば賛成という立場は変えたくなかった。雪が降る地域での開催はどうするのか、四月に新年度が始まり、三月に卒業する学生をどうするのか。また、小中学生の大会は基本的に夏の過酷な環境で連戦まである、それらをどうするのか-実際に一つ一つの問題に対する具体策を考え、それらが実現不可能に近いことを実感しても、協会側が出す(であろう)対策案をきっちり聞いて、納得できる案なら賛成したい―という立場。賛成から離れることはありませんでした。

だけど、放送でこの話題が出たときの想像以上に圧倒的な反対を目にして、戸惑いました。もちろんその反対数の多さ自体にもですが、実際にスタジアムに足を運ぶサポーターからの視点としての意見が新鮮に感じて、恥ずかしい限りですが、僕はこのことを頭の中に入れてなかったと思い知らされました。賛成するならそのサポの意見、痛みを知った上でしなきゃいけなかったなと。

今の立場は、このままのシーズン制で行くべきなのかな、というものです。秋春制の実現を期待したい気持ちがゼロになったと言えば嘘になりますが、それでも今のシーズン制をよりよくするにはどうすればいいのかを考えることが多くなっています(天皇杯の改革はどうすればいいのか、若手の試合経験を増やすにはどうすればいいのかetc)


日韓オールスターの件は、次回で。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

おかしょーりゅう

Author:おかしょーりゅう
左 作 ボスこと姐さん
右 作 じゃがさん

(あくまで想像)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Jリーグ順位表
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。