スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009 NABISCO CUP FINAL

FC東京 VS 川崎フロンターレ

試合前

個人的にはやはり川崎有利の印象がありました。FC東京側には石川直、長友などの怪我による離脱がどうしても気になってしまった。

試合開始

前半

長友はベンチスタート、代わりに徳永を左に起用。川崎は予想通りのメンバー。

FC東京はガチガチにプレスをかけて、主導権を握りに行くだろうという予想をしていたが、一番警戒すべき中村憲剛に対するプレスの甘さが目立つ。そこからDFラインの裏にボールが出され、川崎はチャンスを作り出す。その中でジュニーニョ、決定的チャンスを逃す。

また、川崎攻撃陣の特徴でもあるどこからでも打てるミドルでFC東京ゴールを襲う。一方FC東京は前線に飛び出した米本のクロスから平山のシュートも枠を外れる。

前半22分、左サイドでやや遠目から米本のミドル。ボールは意表を突かれた感のあるGK川島の手を弾き、ネットを揺らす。FC東京先制。あの瞬間、思わず「打て!」と叫んでしまったのだが、川島はあの場面で米本がシュートを打つと予想しなかったのか。普段FC東京の試合をなかなか見る機会がない僕でもあの場面では打つと思ったのだが(もちろん、GKからすればいろんな選択肢に備える必要がある。あの場面ではクロスに備えていたのだろう。そういう意味では米本がいろんな選択肢を持っていたからこその勝利かもしれない)

そこからだろうか、憲剛に対するプレスもかかり、3ラインもきっちりと整備され、川崎は苦しむ。もちろんその中で憲剛がダイレクトプレーで崩し、チャンスを作るが、決められない。

FC東京はその守備からFW平山にボールを預ける。試合解説の清水秀彦は川崎が中盤の梶山を捕まえ切れていないことを再三指摘していたが、僕は平山がきっちりボールをキープできていたことがFC東京にとって大きかったかなと思う。赤嶺と二人で崩し、最後は赤嶺のループシュートが外れたシーンが象徴的。

FC東京GK権田、素晴らしい出来。20歳だっけ?信じられない。

何分ごろだったか忘れたが、川崎ベンチ、関塚監督のアップが写る。ジェスチャー、口元を見る限り、テセが真ん中にポジションを取るように指示していた模様。ジュニーニョが真ん中でのプレーが多かった。

後半

両チームメンバー変更なし。テセのポジションはセンター気味。後半、改めて指示を徹底したのだろう。

1点ビハインドの川崎はもちろん攻撃に出る。平山も守備に貢献。いやらしさも出てきて、相手にとっては嫌な選手になったなぁとしみじみ。これで得点奪ったら個人的にはMVPだなぁと思ってたまさにそのとき。

川崎、シュートを打てずに奪われ、右サイドの鈴木達也に展開される。逆サイド、やや中央気味を一気に駆け上がる平山。ややもたついた感のある達也だったが、クロス。平山、頭で合わせFC東京追加点。川崎側からすればあまりにも痛い失点。

得点直後に赤嶺→長友。正直驚いた。

その後、FKの壁で、遅延行為で羽生にイエローカード。彼は途中交代も考えた上でのイエローだったのかもしれない。ここでさらに強まる川崎の攻撃。FC東京は鈴木達也を前線に上げ、彼が前線からプレッシャーを与える。DF陣が跳ね返したボールを梶山、平山がじっくりキープし、川崎を焦らせていく。

そこからはもうわかりやすい展開。続々攻撃選手を送り込み、パワープレー色を強めていく川崎。必死に耐えるFC東京。権田も安定感抜群、憲剛のゴール隅を狙ったシュートも防いだ。

佐原を投入し、さらにゴール前を固めたFC東京。川崎はテセのヘッドがクロスバーに嫌われるなどツキもない印象。対するFC東京は長友が抜け出し三点目のチャンスが二度あったものの、決められず。達也のシュートもバーに弾かれゴールにならなかった。

試合終了

サッカーとはわからないなぁと改めて思い知らされる結果でした。川崎は本当に初タイトルが遠いですね。試合後の憲剛の表情がすごくよかったですね。悔しさを必死に殺して、キャプテンとして立派な振る舞いでした。

一方、WinnerのFC東京。選手たちが表彰台に上がったのをピッチから見ていた直と城福がいい表情してましたね。米本もインタビューの受け答えがいい意味で新人でしたね。


素晴らしい試合だったと思います。素晴らしい雰囲気を作り上げたサポーターにも感謝したいですね。この試合を見た方で、Jやるなぁ、今度見に行ってみるかという人が一人でも多くいてくれたら-

それこそ幸せですね、僕は。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

お疲れ様です。
地上波で放送される試合でこんな好ゲームを見せてくれた両チームに心からの感謝と敬意を表します。
川崎側の方々は悔しくてたまらないでしょうけれど、
ライトな層に向けてのアピールとしてはこれ以上ない試合だと思います。

優勝争いも過熱してきていますし、少しでも観客が増えればいいですね。

勝者と敗者は必ず生まれるものですからね。

お疲れ様です。コメントありがとうございました。

もしかしたら、日本代表の中村憲剛は見たことあるけど、川崎フロンターレの中村憲剛ははじめて見たという人もいたかもしれませんね。Jはつまらないとなんとなく思っている人がいたとしたら、それがただのつまらない先入観だったと気づかせてくれる素晴らしい試合でした。

川崎は悔しくて仕方がないと思います。でもこの悔しさをバネにしていくしかありません。05年のG大阪のように、これをモチベーションにリーグ戦を制覇するかもという予感はありますね。

これからさらに面白くなること間違いなしのJ。ぜひ行くチャンスがある方は観戦してもらいたいものですね。
プロフィール

おかしょーりゅう

Author:おかしょーりゅう
左 作 ボスこと姐さん
右 作 じゃがさん

(あくまで想像)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Jリーグ順位表
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。