スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

悔しさをぶつける場所

「試合後の憲剛の表情がすごくよかったですね。悔しさを必死に殺して、キャプテンとして立派な振る舞いでした。」(11/3 「2009 NABISCO CUP FINAL」より)


素晴らしい好試合となった今年のナビスコカップFINALに、水を差すことが起きてしまった。準優勝の川崎フロンターレの選手が、授与されたメダルをすぐに首から外したり、来賓の方との握手を拒否するなどの行為があったという。また、森勇介は表彰の間、ガムを噛んでいたという。

YoutubeにUPされた映像を見た。フジテレビで実際生で見た映像だった。この時は僕は憲剛の表情をずっと見ていたので、彼がメダルを首から外していたことに気づかなかった。たとえ気づいたとしても、表彰台から階段のあたりですぐ外したんだろうなと思っていただけだろう。しかし森のガムは正直残念。試合が終わり、もうガムを噛む必要などないはずだ。本当に残念(ただし、ここで批判されるべきなのは森がこういう場をガムを噛んで臨んだことであり、今、彼自身の人格などを攻撃するのは話が違う)

ナビスコ前夜、兄貴放送で僕はあるコメをした。それは「ナビスコカップは個人的に準決勝が一番好きかも」という内容のコメである。兄貴は「準決勝で敗れると何も残らないからなぁ、(サポとしては)キツイ」という内容の発言をされていた。そう、だからこそ好きなのだ(もちろん決勝も大好きですよ、それだけに準決勝も地上波で放送して欲しいなぁ‥)

ヨーロッパの選手インタビューで、UEFA CLの目標を聞かれる、または自分から言うときに、どのような答えがあるか。もちろん優勝が一番多いと思うのだが、この答えをする選手も少なくない。

「決勝の舞台に立ちたい」

なせこのような答えが生まれるのか、それはカップ戦決勝の舞台に立つことが選手にとって素晴らしく名誉なことだからである。あのナビスコカップ決勝の雰囲気を見ればわかると思う。そして、僕が準決勝に惹かれるのも、その舞台に立てるか立てないかが決まる緊迫感があるからである。

なぜ、準優勝のチームにもメダル授与があるのか?という疑問がYoutubeのコメントにあったが、それはファイナリストに対する敬意である。準優勝のメダルをもらうために来たんじゃないという川崎の選手の気持ちもわかる。わかるけれども、勇敢に戦って敗れた彼らには、胸を張って堂々とした姿を表彰台で見せて欲しかったと思う。

個人的には、悔しさからメダルをすぐ外すことに対しては問題を感じない(来賓の方の前ですぐに外すとなると話は別かもしれないが)。しかし、来賓の方との握手を拒否したり、ガムを噛んで表彰式に臨むというのは試合に敗れた悔しさとは別である。仮に悔しくて、ふて腐れた上でそのような態度を取ったというのであれば批判されても仕方がない。

あの試合に敗れた悔しさをぶつける場所は表彰台でのメダル授与時ではない。残っているリーグ戦にぶつけてほしい。それは試合終了後、同じく悔しい思いをして涙を流していた川崎サポーターの思いであるはずだ。

最後に、この件が報道され続けて記憶され、素晴らしい試合内容が忘れられるということになったとしたら、それこそ残念という言葉しかない。

BOUCEAN

ふりそそぐm9浴びて 迷いなく君はいじり
無茶振りをされちゃって 彼はまた歌い出す

静かに別コミュ立ち上げる HOTEI様のプレイ用に
どんなネタものみこんで 少しずつ君と笑おうよ

いじられキャラに 君の前でなろう
いじられてた姿は忘れない 放送が終わっても
ニヤニヤされても ともに出て行こう
僕ら祝う 二人を見ていたいな 姐さんと仲良くBOUCEAN

放送で逢った二人 何度でも笑い合って
気がつけば それぞれに 惹かれてる自分を知る

ひとり寂しくなったときは 今すぐ相手を呼んでみないかい
恥ずかしがらず迷わないで 待っている彼・君と いちゃつこうよ

いじられキャラに 君の前でなろう
晒したポエム そのネタはいじり続ける 季節がいつでも
どこにも逃げられない 同じネタでいじろう
絆深い 二人を見ていたいな 姐さんと仲良くBOUCEAN

いじられキャラに 君の前でなろう
いじられてた姿は忘れない 放送が終わっても

ニヤニヤされても ともに出て行こう
僕ら祝う 二人を見ていたいな お似合いの姐さんとBOUCEAN

B'z OCEAN

2009 NABISCO CUP FINAL

FC東京 VS 川崎フロンターレ

試合前

個人的にはやはり川崎有利の印象がありました。FC東京側には石川直、長友などの怪我による離脱がどうしても気になってしまった。

試合開始

前半

長友はベンチスタート、代わりに徳永を左に起用。川崎は予想通りのメンバー。

FC東京はガチガチにプレスをかけて、主導権を握りに行くだろうという予想をしていたが、一番警戒すべき中村憲剛に対するプレスの甘さが目立つ。そこからDFラインの裏にボールが出され、川崎はチャンスを作り出す。その中でジュニーニョ、決定的チャンスを逃す。

また、川崎攻撃陣の特徴でもあるどこからでも打てるミドルでFC東京ゴールを襲う。一方FC東京は前線に飛び出した米本のクロスから平山のシュートも枠を外れる。

前半22分、左サイドでやや遠目から米本のミドル。ボールは意表を突かれた感のあるGK川島の手を弾き、ネットを揺らす。FC東京先制。あの瞬間、思わず「打て!」と叫んでしまったのだが、川島はあの場面で米本がシュートを打つと予想しなかったのか。普段FC東京の試合をなかなか見る機会がない僕でもあの場面では打つと思ったのだが(もちろん、GKからすればいろんな選択肢に備える必要がある。あの場面ではクロスに備えていたのだろう。そういう意味では米本がいろんな選択肢を持っていたからこその勝利かもしれない)

そこからだろうか、憲剛に対するプレスもかかり、3ラインもきっちりと整備され、川崎は苦しむ。もちろんその中で憲剛がダイレクトプレーで崩し、チャンスを作るが、決められない。

FC東京はその守備からFW平山にボールを預ける。試合解説の清水秀彦は川崎が中盤の梶山を捕まえ切れていないことを再三指摘していたが、僕は平山がきっちりボールをキープできていたことがFC東京にとって大きかったかなと思う。赤嶺と二人で崩し、最後は赤嶺のループシュートが外れたシーンが象徴的。

FC東京GK権田、素晴らしい出来。20歳だっけ?信じられない。

何分ごろだったか忘れたが、川崎ベンチ、関塚監督のアップが写る。ジェスチャー、口元を見る限り、テセが真ん中にポジションを取るように指示していた模様。ジュニーニョが真ん中でのプレーが多かった。

後半

両チームメンバー変更なし。テセのポジションはセンター気味。後半、改めて指示を徹底したのだろう。

1点ビハインドの川崎はもちろん攻撃に出る。平山も守備に貢献。いやらしさも出てきて、相手にとっては嫌な選手になったなぁとしみじみ。これで得点奪ったら個人的にはMVPだなぁと思ってたまさにそのとき。

川崎、シュートを打てずに奪われ、右サイドの鈴木達也に展開される。逆サイド、やや中央気味を一気に駆け上がる平山。ややもたついた感のある達也だったが、クロス。平山、頭で合わせFC東京追加点。川崎側からすればあまりにも痛い失点。

得点直後に赤嶺→長友。正直驚いた。

その後、FKの壁で、遅延行為で羽生にイエローカード。彼は途中交代も考えた上でのイエローだったのかもしれない。ここでさらに強まる川崎の攻撃。FC東京は鈴木達也を前線に上げ、彼が前線からプレッシャーを与える。DF陣が跳ね返したボールを梶山、平山がじっくりキープし、川崎を焦らせていく。

そこからはもうわかりやすい展開。続々攻撃選手を送り込み、パワープレー色を強めていく川崎。必死に耐えるFC東京。権田も安定感抜群、憲剛のゴール隅を狙ったシュートも防いだ。

佐原を投入し、さらにゴール前を固めたFC東京。川崎はテセのヘッドがクロスバーに嫌われるなどツキもない印象。対するFC東京は長友が抜け出し三点目のチャンスが二度あったものの、決められず。達也のシュートもバーに弾かれゴールにならなかった。

試合終了

サッカーとはわからないなぁと改めて思い知らされる結果でした。川崎は本当に初タイトルが遠いですね。試合後の憲剛の表情がすごくよかったですね。悔しさを必死に殺して、キャプテンとして立派な振る舞いでした。

一方、WinnerのFC東京。選手たちが表彰台に上がったのをピッチから見ていた直と城福がいい表情してましたね。米本もインタビューの受け答えがいい意味で新人でしたね。


素晴らしい試合だったと思います。素晴らしい雰囲気を作り上げたサポーターにも感謝したいですね。この試合を見た方で、Jやるなぁ、今度見に行ってみるかという人が一人でも多くいてくれたら-

それこそ幸せですね、僕は。

愛のねすきょん

今日も放送中 なんとかいじりたい
誰かできなくても 誰かいじる

パルがつくったキャラ いじられの生主
そして狙うのは あのカップル
高・校・生

愛のねすちゃん もっときょんちゃん いちゃいちゃして
いじりたい リスナーの 目の前で
愛のきょんちゃん もっとねすちゃん いちゃいちゃして
ニヤニヤ中 リスナーの コメントで
今こそネタにして いじりたいのだ
まこっちゃんは燃やす Jealousy

夫婦のことばかり いじりたくなる
浮気に 多妻制 それはパルだけだから

リスナーの愛が いじりに表れる
そこで問われるのは いじりセンス
パル に m9

愛のねすちゃん もっときょんちゃん いちゃいちゃして
いじりたい リスナーの 目の前で
愛のきょんちゃん もっとねすちゃん いちゃいちゃして
流れる コメントを きっかけに
つきないS心 刺激するのだ
でも まこっちゃんは Jealousy

恥ずかしがることない でもそこが初々しい
放送の枠 越えて 今しかない
高・校・生 さあ 二人何処へゆく

愛のねすちゃん もっときょんちゃん いちゃいちゃして
いじりたい リスナーの 目の前で
愛のきょんちゃん もっとねすちゃん いちゃいちゃして
ニヤニヤ中 リスナーの コメントで
今こそネタにして いじりたいのだ
くっそカップルくっそと Jealousy

B'z 愛のバクダン

U-17 World Cup

今日の早朝、日本代表のU-17ワールドカップが終わった。結果はグループステージ敗退、3戦3敗。プラチナ世代と呼ばれていたらしい(このような通称に僕は全く興味なし、どちらかといえば嫌い)彼らにとって、辛い結果となった。

僕はこの日本代表チームの選手をほとんど知らなかった。まぁ、過去を振り返ってもこの大会に出場する選手は知らない選手のほうが圧倒的に多かったのだが。

そこで注目していたのは、やはり宇佐美貴史。

G大阪ユース史上最高傑作と呼ばれ、プロ初先発となったACLの試合で得点を挙げるなど、彼がいろいろ騒がれ、有望な選手であることは知っていた。でも実際にプレーを見たことは少ない。なのでもちろん日本代表全体を見るのが目的ではあったが、彼のプレーには特別注目してみよう、そう思っていた。

一言で言えば、これからも注目したい。

彼が好調だったのか、不調だったのか。それは正直、わからない。彼がボールを持ったときの姿勢のよさ、慌てずに焦らないボールキープが印象的だったが、それよりも心に残ったことがある。

彼の感情だ。

彼がインタビューを受けた映像を見たことがある。そこでの印象は淡々と喋っている印象で特別残るものではなかった。インタビューでの受け答えは普通だな、そう思った。その印象から、彼をクールな、日本人選手がよく言われがちな闘志が見えない選手なのかもしれない。僕は自然とそういうふうに結び付けていた。

ブラジル戦。

ロスタイムに失点し、歓喜のブラジル選手を強い目つきで、にらみつけるようにじっと見ていた姿。

スイス戦。

直接狙ったFKが外れた後、悔しさを露にした姿。

そしてメキシコ戦。

幾度とあった決定機を決められず、怒りにも似た表情を出した姿。

僕の勝手に築いたイメージは、すぐ消えた。

メキシコ戦は、彼を戦犯とする声が一部で挙がるかもしれない。もちろん彼が何度もあったチャンスを決めていればという思いがあるのも事実。彼もそのような批判がくることも覚悟しているかもしれない。ただ、僕は彼の激しい感情が忘れられない。できることなら、喜びの感情も見たかったが。

このような若い選手の大会後に言われるのは、「この経験をどう活かすか」である。僕もこれが一番大事だと思うし、この悔しさをどうモチベーションにして成長するかが勝負と考えている。そして宇佐美に悔しさがないはずがない。もちろんある程度できるという手ごたえは掴んだかもしれない。でも、いや、だからこそ得点という結果を残せなかった自分が歯がゆくてしょうがないんじゃないかと思う。

GK嘉味田隼にも触れよう。彼は今大会で恐らく自分のサッカー人生の中で最も失望・屈辱を味わったのではないか。メキシコ戦、チームの勝利を願うことしかできないベンチで彼は何を思ったのだろうか。そしてその思いを彼はどのように活かしてくれるのだろうか。

この大会でプレーした選手、出場機会がなくベンチを温めた選手、この大会へのエントリーも叶わなかった選手‥立場は違えど、悔しさを感じたのは同じであるはずだ。彼らがそれをバネに成長してくれたら、例えば北京オリンピック後の本田圭佑のようにたくましくなってくれれば―この年代が、そして日本全体が活性化されることを期待している。甘い、理想論と言われようが期待せずにはいられない。いや、期待しなくてはならない。

頑張れ、頑張れ。もっと頑張れ。
プロフィール

おかしょーりゅう

Author:おかしょーりゅう
左 作 ボスこと姐さん
右 作 じゃがさん

(あくまで想像)

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
Jリーグ順位表
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。